後払いアプリ現金化のおすすめ業者
ペイチェン
ペイチェン
特徴
広い対応範囲と最短10分入金が魅力の人気サービス
換金率
初回 90
最短振込
即日最短 10分
総合評価
5.0
バンクレジット
バンクレジット
特徴
取り扱っている決済方法の豊富さが魅力!
換金率
初回 90
最短振込
即日最短 10分
総合評価
4.8
アイペイ
アイペイ
特徴
屈指の換金率の高さと振込スピード!
換金率
最大 98.5 (手数料別)
最短振込
最短 5分
総合評価
4.7
買取無双
買取無双
特徴
高い柔軟性でメルペイやPayPayにも対応!
換金率
最大 90
最短振込
即日最短 30分
総合評価
4.5
即日アリアちゃん
即日アリアちゃん
特徴
高い専門性を持つ後払い現金化業界のパイオニア
換金率
初回 90
最短振込
即日最短 10分
総合評価
4.4

※各評価数値は即マネ.com独自の調査に基づき、5段階評価(5が最高点)で行っております。

クレジットカード現金化のおすすめ業者
リリーフ
リリーフ
特徴
25年以上の運営実績を有する定番の優良現金化業者
換金率
最大 99.5 (手数料別)
最短振込
最短 5分
総合評価
5.0
マイクレジット
マイクレジット
特徴
2022年の新規ユーザー獲得数No.1の新鋭業者
換金率
最大 99 (手数料別)
最短振込
最短 3分
総合評価
4.9
お金のレスキュー隊
お金のレスキュー隊
特徴
人気急上昇中!高い総合力の現金化サービス
換金率
最大 98.7 (手数料別)
最短振込
最短 5分
総合評価
4.5
ソニックマネー
ソニックマネー
特徴
最短3分の振込スピード!どこよりも早い現金化
換金率
最大 99.2 (手数料別)
最短振込
最短 3分
総合評価
4.2
あんしんクレジット
あんしんクレジット
特徴
初めての方でも安心して使える優良老舗サービス!
換金率
最大 98 (手数料別)
最短振込
即日最短 15分
総合評価
4.0

※各評価数値は即マネ.com独自の調査に基づき、5段階評価(5が最高点)で行っております。

アマゾンギフト券現金化のおすすめ業者
アプリル
アプリル
特徴
Appleギフトカードに特化した買取サービス
換金率
平均 90
最短振込
30分
総合評価
4.9
買取カリビアン
買取カリビアン
特徴
手厚いサポートと高い信頼性が魅力の大手サービス
換金率
平均 90
最短振込
30分
総合評価
4.8
買取サファリ
買取サファリ
特徴
取り扱い券種を絞ることで顧客への好待遇を実現!
換金率
平均 90
最短振込
30分
総合評価
4.7
買取ラッキーセブン
買取ラッキーセブン
特徴
対応ギフト券を絞ることで高換金率を実現
換金率
平均 92
最短振込
30分
総合評価
4.5
アマトレード
アマトレード
特徴
信頼性◎!創業20年の実績を有する優良業者
換金率
平均 90
最短振込
60分
総合評価
4.5

※各評価数値は即マネ.com独自の調査に基づき、5段階評価(5が最高点)で行っております。

後払いアプリ現金化の仕組みを解説!
優良業者もご紹介

最終更新日:

後払いアプリ現金化とは

後払いアプリ現金化の仕組み 後払いアプリ現金化の仕組み

これまで後払い方法の主流だったのはクレジットカードでした。
そこに現物のカードを必要としない「バーチャルカード」「後払いアプリ」といったものが加わりました。
それに伴い、現金化の主流もクレジットカードから後払いアプリに移り変わってきています。

当サイト「即マネ.com」では、バーチャルカードや後払いアプリについて詳しく解説すると共に、それらを利用した現金化を取り扱う優良業者をご紹介しています。

クレジットカードがなくても大丈夫!

クレジットカードがなくても利用できる後払いアプリ

バーチャルカードや後払いアプリを通じた現金化、最大の特徴は「クレジットカードを必要としない」点にあります。
現金化を利用したい!となったときに、これまでは自分名義のクレジットカードを持っていなければその時点で手詰まりでした。
厳密にはそこから新規発行し、その上で現金化をすることはできましたが、手元にカードが届くのに2週間ほどかかることを考えると、使えないに等しいと言えます。

その点、バーチャルカードや後払いアプリは、スマホさえあれば数分でインストール・利用できる状態になり、そのまま現金化することができるのです。
クレジットカードに比べると利用金額の上限が低めに設定されている、という面もありますが、それを差し引いても圧倒的な手軽さがあり、より多くの方が現金化を利用できる環境となりました。

プリペイド式と後払い式がある

後払いアプリで現金化

基本的にバーチャルカードは事前にコンビニ払いや銀行振込で入金した分だけ使える、プリペイド式となっています。
事前に支払った分しか使えないため、サービス提供する側としては未払い・未回収になるリスクはありません。
そのためほぼ審査といったものがなく誰でも利用できる、という手軽さが実現できています。

ただ、いちいち前払いしないと使えないのでは使い勝手があまりよくありません。
そこで、多少利用までのハードルは高くなる(本人確認や審査、やや高い手数料設定)代わりに、後払いができる機能も用意されています。

「後払いアプリ」と呼ばれるものは、要するに後払い機能を付けたバーチャルカード、ということです。
プリペイド式と後払い式の違いを簡単にまとめると、以下の表のようになります。

プリペイド式 後払い
発行の審査 原則なし 身分証の確認や信用情報確認等
支払い 事前のチャージが必要 利用の翌月以降に支払い
手数料 安い 高い
現金化 不可 可能

現金化をするには後払いできるバーチャルカード(後払いアプリ)が必要となります。
現金化のご利用を検討している方は、時間のあるときにあらかじめ後払いアプリをインストールしておくとスムーズです。

クレジットカードとの違い

バーチャルカードとクレジットカードの違いを、表にまとめました。
利用金額の上限は抑えられているものの、審査なしで即日発行ができるという点がバーチャルカードの特徴でしょう。
その特性から、現金化への適正も高いと言えます。

バーチャルカード クレジットカード
カードの現物 なし あり
発行の審査 なし
(一部あり)
あり
発行までの時間 即日発行 1~2週間程度
利用上限額 あり
(上限低め)
あり
(上限高め)
実店舗での利用 不可
現金化の利用 スマホがあれば即日利用可能 自分名義のカードが予め必要
支払い 前払い後払い選択可能 後払い

バーチャルカード利用メリット

バーチャルカードは即日発行が可能

最大の利点は「どなたでも即日発行が可能」という点でしょう。
これまでのクレジットカードは、実際に利用できるようになるには、申し込みや審査を経て、手元にカードが届くのを1週間~2週間程度待たなければなりませんでした。
仮に急にお金が必要になって現金化を利用したくても、自分名義のクレジットカードがなければ即日調達は物理的に不可能でした。

その点、バーチャルカード(後払いアプリ)であれば即日発行が可能です。
手元に何もない状態でも、後払いアプリ現金化業者に申し込みをした後すぐに発行ができるので、即日での現金調達が可能となります。

また、財布と一緒にカードをなくしてしまう、というリスクもバーチャルカードにはありません。
これに関してはスマホをなくしてしまったら同じに思われるかもしれませんが、再発行の手間などを考えると、大きな違いとなります。
現状クレジットカードを持っていない状態で現金化を検討しているのであれば、後払いアプリ現金化業者から探すのが最短距離となります。

後払いアプリ現金化に関するQ&A

これからの利用を検討されているであろう「後払いアプリ現金化」について、これまでよく挙がった質問とその回答をまとめました。
不明点の解消にお役立てください。

  • Q 後払いアプリ現金化って一体どんなサービスですか?
    A. ペイディやバンドルカードなど、様々ある後払いアプリの残高を現金に換えることができるサービスです。
    クレジットカードがなくても、スマホさえあればその場でインストールしてすぐに利用できる点が最大の特徴です。
  • Q 申し込みからどれくらいでお金は振り込まれますか?
    A. 後払いアプリ現金化の運営会社の規定によりますが、基本的には申し込みをしたその日のうちに振り込まれます。申し込みから振込までにはそこまで時間を要しません。
    初回利用で20分程度、2回目以降であれば5分程度で指定口座に振り込まれます。
  • Q 後払いアプリを利用するにあたって審査はありますか?
    A. 後払いアプリ現金化の利用に、審査はありません。
    消費者金融やカードローンで審査落ちしてしまった方でも、ご自身のスマホさえあれば利用が可能です。
  • Q 現金化できる金額の上限はありますか?
    A. それぞれ利用する後払いアプリやキャリア決済の限度額が、そのまま現金化できる上限金額となります。
  • Q 身分証明証の提出は必要ですか?
    A. お客様後払いアプリ現金化の利用には、免許証やパスポート等の身分証明書が必要となります。第三者による不正利用などのトラブルを未然に防ぐための措置です。
    証明証をスマホで撮影し、その画像を業者へ送信して確認を取るのが一般的です。

優良後払いアプリ現金化業者5社

優良後払いアプリ現金化の厳選5社

いまや即日最短での現金調達法と言えば、後払いアプリ現金化が主流となっています。
この流れが進んだことにより、取り扱う業者も現在急速に増えてきています。

言うまでもなく、現金化を依頼する業者選びは重要です。ここでは、当サイトの調査の結果どなたにもおすすめできる後払いアプリ現金化業者をランキング形式でご紹介します。

第1位 ペイチェン
ペイチェン
ユーザー
支持率
%
換金率
初回 90
振込スピード
即日最短 10分
営業時間
7:00~22:00
現金化対応
後払いアプリ
ペイディのロゴ ペイディのロゴ バンドルカードのロゴ バンドルカードのロゴ BANKITのロゴ BANKITのロゴ kyashのロゴ kyashのロゴ B43のロゴ B43のロゴ myacのロゴ myacのロゴ
携帯キャリア
docomoのロゴ docomoのロゴ auのロゴ auのロゴ ソフトバンクのロゴ ソフトバンクのロゴ
クレジットカード
VISAのロゴ VISAのロゴ JCBのロゴ JCBのロゴ マスターカードのロゴ マスターカードのロゴ アメックスのロゴ アメックスのロゴ ダイナーズクラブのロゴ ダイナーズクラブのロゴ

主要な後払いアプリ、大手携帯キャリアに対応したプリペイドカード、クレジットカードそれぞれに幅広く対応している現金化業者です。
後払いアプリの現金化において、ペイチェンよりも対応範囲が広い業者は他にありません。
初回でも申し込みから最短10分で指定口座に入金されるので、急ぎの利用にも最適です。

第2位 バンクレジット
バンクレジット
ユーザー
支持率
%
換金率
初回 90
振込スピード
即日最短 10分
営業時間
7:00~22:00
現金化対応
後払いアプリ
ペイディのロゴ ペイディのロゴ バンドルカードのロゴ バンドルカードのロゴ BANKITのロゴ BANKITのロゴ kyashのロゴ kyashのロゴ B43のロゴ B43のロゴ myacのロゴ myacのロゴ
携帯キャリア
docomoのロゴ docomoのロゴ auのロゴ auのロゴ ソフトバンクのロゴ ソフトバンクのロゴ
クレジットカード
VISAのロゴ VISAのロゴ JCBのロゴ JCBのロゴ マスターカードのロゴ マスターカードのロゴ アメックスのロゴ アメックスのロゴ ダイナーズクラブのロゴ ダイナーズクラブのロゴ

後払いアプリ現金化と言えばバンクレジット!と言ってもよいでしょう。いまもっとも多くの方から利用されている優良業者であり、対応していない後払いアプリは皆無、と言ってよいほど幅広く取り扱っています。
初回であれば最低でも90%という高い換金率が保証されており、初めての方でも安心して利用できるシステムです。

第3位 アイペイ
アイペイ
ユーザー
支持率
%
換金率
最大 98.5 (手数料別)
振込スピード
最短 5分
営業時間
9:00~19:00
現金化対応
後払いアプリ
ペイディのロゴ ペイディのロゴ メルペイのロゴ メルペイのロゴ バンドルカードのロゴ バンドルカードのロゴ urtlapayのロゴ urtlapayのロゴ BANKITのロゴ BANKITのロゴ kyashのロゴ kyashのロゴ B43のロゴ B43のロゴ
携帯キャリア
docomoのロゴ docomoのロゴ auのロゴ auのロゴ ソフトバンクのロゴ ソフトバンクのロゴ
クレジットカード
VISAのロゴ VISAのロゴ JCBのロゴ JCBのロゴ マスターカードのロゴ マスターカードのロゴ アメックスのロゴ アメックスのロゴ ダイナーズクラブのロゴ ダイナーズクラブのロゴ

創業13年という実績を持つ後払いアプリ現金化業者で、ペイディプラスの買取に特に力を入れています。
換金率や振込スピードといった基本的スペックが高く、誰にでもお得な現金化サービスを提供。
利用時には最大98.5%という換金率から手数料を引いて、おおよそ85%~90%が現金として残ります。
過去にカード事故などのトラブルもなく、安心して利用できる優良業者です。

第4位 買取無双
買取無双
ユーザー
支持率
%
換金率
最大 90
振込スピード
即日最短 30分
営業時間
24時間年中無休
現金化対応
後払いアプリ
ペイディのロゴ ペイディのロゴ メルペイのロゴ メルペイのロゴ バンドルカードのロゴ バンドルカードのロゴ kyashのロゴ kyashのロゴ B43のロゴ B43のロゴ
携帯キャリア
対応なし
クレジットカード
VISAのロゴ VISAのロゴ JCBのロゴ JCBのロゴ マスターカードのロゴ マスターカードのロゴ アメックスのロゴ アメックスのロゴ ダイナーズクラブのロゴ ダイナーズクラブのロゴ

買取無双は「もっと気軽にもっと高換金率で」をコンセプトにしている後払いアプリ現金化サービスです。
初回利用時は換金率90%を保証、土日祝日も24時間対応(振込から入金までは最短30分)を公言しており、隙の無いサービス内容と言えます。
換金率保証は期間限定の可能性がありますので、利用をご検討中の方は早めにお申し込みいただくことをおすすめいたします。

第5位 即日アリアちゃん
即日アリアちゃん
ユーザー
支持率
%
換金率
初回 90
振込スピード
即日最短 10分
営業時間
7:00~22:00
毎月1日は24時間
現金化対応
後払いアプリ
ペイディのロゴ ペイディのロゴ バンドルカードのロゴ バンドルカードのロゴ urtlapayのロゴ urtlapayのロゴ paypayのロゴ paypayのロゴ kyashのロゴ kyashのロゴ B43のロゴ B43のロゴ myacのロゴ myacのロゴ
携帯キャリア
docomoのロゴ docomoのロゴ auのロゴ auのロゴ ソフトバンクのロゴ ソフトバンクのロゴ
クレジットカード
VISAのロゴ VISAのロゴ JCBのロゴ JCBのロゴ マスターカードのロゴ マスターカードのロゴ アメックスのロゴ アメックスのロゴ ダイナーズクラブのロゴ ダイナーズクラブのロゴ

後払いアプリ現金化の完全専門業者で、この業界のパイオニア的存在です。スマホで簡単、最短10分での即日振込を売りにしており、初回の換金率は90%が保証されています。
取り扱っている後払いアプリも豊富で、スマホさえあれば利用できないということはまず考えられません。
許認可を得た法人が運営している、という点も安心ポイントですね。

高額利用ならクレジットカード現金化

バーチャルカードや後払いアプリのデメリットと言えば、通常のクレジットカードに比べると現状利用できる店舗があまり多くないところでしょう。これについては、もはや解消されるのも時間の問題と言えます。
また、バーチャルカード現金化業者を介せば、すでに提携しているネットショップが間違いなくあるはずなので、気にする必要はないでしょう。

もう一点のデメリットは、全体的に利用限度額が低めに設定されている点です。
これは審査や発行までのハードルが低くなっている分仕方のないことですが、まとまった金額の現金化をするのには向いていません。
10万円を超えるようなまとまった金額が必要な方は、従来のクレジットカード現金化を検討するのが無難でしょう。

優良クレジットカード現金化業者3社

第1位 リリーフ
リリーフ
ユーザー
支持率
%
換金率
最大 99.5 (手数料別)
振込スピード
最短 5分
営業時間
9:00~20:00

クレジットカード現金化業界でもっとも長い運営実績を持ちながら、今なおもっともユーザーから支持され続けている鉄板の優良業者。
利用時の安心感はもちろんですが、換金率や振込スピードなどのスペックに関しても文句の付け所はなく、特にこだわりがないのであればまずおすすめしておきたいところです。

第2位 マイクレジット
マイクレジット
ユーザー
支持率
%
換金率
最大 99 (手数料別)
振込スピード
最短 3分
営業時間
9:00~19:00

創業以来カード事故0、徹底した秘密厳守で安全のクレジットカード現金化を提供しているマイクレジット。
2022年の新規ユーザー獲得数は業界で一番多く、いまもっとも利用者が多い優良業者です。
平均の換金率ベースも高く、最低でも91%という数字が保証されています。
業者選びに迷っていたら、マイクレジットで決めて損はないでしょう。

第3位 お金のレスキュー隊
お金のレスキュー隊
ユーザー
支持率
%
換金率
最大 98.7 (手数料別)
振込スピード
最短 5分
営業時間
9:00~20:00

リリーフとは正反対に、運営実績こそまだ3年に満たないものの、その期間でもっとも利用者が多かったのがこの「お金のレスキュー隊」です。
元々15年以上クレジットカード現金化に携わっていたベテランが独立開業した会社だけあり、対応や振込までのスピード感も非常に高評価を集めています。選んで失敗した、という声はまず聞きません。

即日使える後払いアプリ

現金化に適した後払いアプリ

バーチャルカード現金化に利用できるおすすめの後払いアプリをご紹介します。
共通している点はプリペイド形式ではなく、後払い機能が付いていること、そしてどなたでも即日発行可能で、利用ハードルが低い点です。
スマホへすぐにインストール可能ですが、事前に入れておけば現金化がよりスムーズにできます。

※横にスクロールしてください。

バーチャルカード 現金化へのマッチ度 利用限度額 チャージ手数料 本人確認 支払日
ペイディのロゴ ペイディのロゴ ペイディ 30,000円~200,000円 356円
(コンビニ払いのみ)
顔写真
本人確認書類(身分証)
SMS認証
翌月10日
バンドルカードのロゴ バンドルカードのロゴ バンドルカード 3,000円~50,000円 510~1,830円
(チャージ金額に応じて変動)
SMS認証 翌月末
BANKITのロゴ BANKITのロゴ BANKIT 3,000円~50,000円 300円
(1回あたり)
顔写真
本人確認書類(身分証)
翌月末
B/43のロゴ B/43のロゴ B/43 3,000円~50,000円 500~1,800円 SMS認証 翌月末
Kyashのロゴ Kyashのロゴ Kyash 3,000円~50,000円 510~1,800円 SMS認証 翌月末
メルペイのロゴ メルペイのロゴ メルペイ 300,000円 なし 顔写真
本人確認書類(身分証)
翌月末
PayPayアプリのロゴ PayPayアプリのロゴ PayPayアプリ 20,000円~500,000円 なし 顔写真
本人確認書類(身分証)
翌月27日
atoneのロゴ atoneのロゴ atone 50,000円 209円
(口座振替は無料)
SMS認証 翌月
 (支払い方法による)
ultra payのロゴ ultra payのロゴ ultra pay 2,000円~20,000円 330~660円 SMS認証 翌月末
ペイディ
ペイディ
利用限度額
200,000円
チャージ手数料
356円
支払日
翌月10日

メールアドレスと電話番号だけで利用できる後払いアプリです。
Amazonや楽天、ビックカメラなど大手の加盟店も多く、後払い現金化のみならず普段使いとしても便利。
後から身分証を送れば限度額アップの他、ペイディプラスへのグレードアップもでき、後払いの支払いを分割することも可能になります。
限度額も多く、後払いアプリ現金化にもっとも適した後払いアプリです。

バンドルカード
バンドルカード
利用限度額
50,000円
チャージ手数料
510~1,830円
支払日
翌月末

クレジットカード業界でも国際的に知名度の高いVisaと提携している後払いアプリです。スマホさえあれば最短1分でバーチャルカードの発行ができるという手軽さが魅力です。
基本的には前払いのプリペイド方式となっていますが、「ポチっとチャージ」機能を使うことでチャージの支払いを後払いにすることができます。

BANKIT
BANKIT
利用限度額
50,000円
チャージ手数料
300円
支払日
翌月末

後払い機能である「おたすけチャージ+」は、利用限度額が50万円と他のアプリと比較しても非常に高く、後払いアプリへの適正も高いです。
実際に取り扱っている現金化業者も多く、これをあらかじめインストールして審査だけ済ませておけば、いざという時に役立つことは間違いないでしょう。

B/43
B/43
利用限度額
50,000円
チャージ手数料
500~1,800円
支払日
翌月末

家計簿アプリとVISAのプリペイド機能がマッチしたB/43。「あとばらいチャージ」を使えばチャージ額の支払いを翌月に回せます。
特徴的なのは、チャージの最短5秒というスピード審査。通過率も高く、非常に使い勝手の良いアプリと言えます。

Kyash
Kyash
利用限度額
50,000円
チャージ手数料
510~1,800円
支払日
翌月末

審査なし、電話番号とメールアドレスのみで発行できるバーチャルカードです。Visaと提携しているため、利用できる店舗も非常に多く、使い勝手は良いでしょう。
「イマすぐ入金」という後払い機能を使えば、チャージした分の支払いを翌月に回すことが出来るので、後払いアプリとしても充分に機能します。

換金率について

高換金率を実現できる理由

後払いアプリ現金化においても、クレジットカード現金化同様に「換金率」という概念は存在します。
一般的に、後払いアプリ現金化の方が若干ですが換金率ベースは高く設定されている傾向にあります。
つまり、利用者としてはよりお得な現金化ができるようになったということです。

これには理由があります。従来のクレジットカード現金化に比べ、1件取り扱うにあたって業者にかかる負担が減ったことで、より多くの件数を取り扱うことが可能となり、薄利多売を目指す傾向が強まったからです。
いざ申し込みがあったものの利用者側がクレジットカードを持っておらず頓挫、といった時間的なロスが圧倒的に減り、申し込みから成約までの到達率が高まったことにより、顧客への還元率を高めることに成功した業者が増えています。

振込までの速さ

申し込みから振込までは基本的に営業時間内であれば即日で行われます。
初回のみ本人確認等に時間を要するため、15分~30分程度見ておく必要はありますが、2回目以降の利用であれば5分前後で入金まで完了するところがほとんどです。
この即日入金こそが、後払いアプリ現金化の特徴であり利用メリットと言えるでしょう。

なお、ホームページ上で24時間対応を謳う業者も中にはありますが、実際に電話受付などを行っていることはほぼありません。
申し込みフォームからの受付に対して翌日以降に対応となるため、実質24時間対応ではありません。
その日のうちにお金が必要な場合は、必ず各現金化業者の営業時間内に申し込みをするようにしましょう。

悪質業者の存在

悪質業者に要注意

逆に万が一悪質な業者を選んでしまうとどんなことが起こりうるのか。
これは現在判明していることだけでも、充分に恐ろしい事態が含まれています。

最悪な例としては、決済だけしてお金が振り込まれない、つまりお金を盗まれるに等しいようなことも可能性としては考えられます。
これは極端な例としても、他社と比べて大幅に低い換金率で強引に取引させられるような事例は実際に多くあります。

そういった被害を防ぐためにも、後払いアプリ現金化を利用するのならば、ある程度の相場や基本的な情報は頭に入れておく必要がありそうです。

自分で現金化する危険性

セルフ現金化の危険性

後払いアプリ現金化も、基本的な流れはクレジットカード現金化と変わらないため、業者を介さずに自分の手で現金化することは理論上可能です。
しかし、業者を介さないセルフ現金化には様々なリスクがあり、この点についても同じですので注意が必要です。
一般的に、セルフ現金化をする場合には以下のことを自分自身で進めていく必要があります。

セルフ現金化の流れ
  1. 高額で売れる商品を選定する。
  2. 商品を購入する。
  3. 購入した商品の売却先を探す。
  4. 商品を売却する。

高額で売れるものと言えば商品券や新幹線の乗車券などが有名でしたが、これらを現金化目的で大量購入するとカード会社の規約違反となります。
他には人気ゲーム機なども挙がりますが、これらは欲しい時にスムーズに買えるとは限りません。

また、うまく商品購入ができたとしても、それを今度は適正価格で買い取ってくれる売却先を探さなければなりません。
そして売るには商品を自分の足で持っていくか、郵送するか…これらを1日でこなすのは困難ではないでしょうか?

その点、即日での現金化を得意とする専門業者に任せれば、これらの手間を一切かけることなく最短数分での現金化ができるのです。
たとえほんの数%手数料分の損をしてしまうとしても、どちらを選ぶべきか明白ですよね?

後払いアプリの問題点

後払いアプリに潜む落とし穴

誰でも即日発行ができて、クレジットカードに近い利便性がある後払いアプリですが、問題点がないわけではありません。
いま考えられる問題点としては、その審査の緩さ故に、本来後払いする支払い能力がない人まで簡単に利用できてしまう、という点です。
クレジットカードに比べると利用可能上限は軒並み低めに設定されてはいるものの、一度に複数の後払いアプリを使えばかなりまとまった額を使うこともできてしまいます。

後払いアプリ現金化を利用した少なくとも翌月中には、得た現金以上の額の支払いが待っています。
結局その期日に支払いができなくなるような事態が多発するようでは、後払いアプリ現金化というサービスの存在意義自体が問われることとなってしまいます。
以下、後払いアプリの支払いに関する懸念点をまとめています。

キャッシュレス化に伴う後払いアプリの普及はまだ始まったばかりですので、これからもまだまだ形を変えていくでしょう。
動向に注目していきたいところです。その他にもある後払いアプリの懸念点については、以下のページでご確認ください。

後払いアプリ現金化の今後

注意喚起の木のブロック

バーチャルカード、及び後払いアプリは今後さらに増えていくでしょう。
それに伴い後払いアプリ現金化業者も増え、その他の現金化からの利用者移行も進んでいくはずです。

数が増えればその分、望ましくない悪質な業者が紛れ込む確率も高まります。
当サイトは、そういった悪質業者をなるべく排除できるよう、情報発信を続けていく所存です。

また、需要の拡大に応じて考えられるのは後払いアプリ現金化に対する規制です。
先にも述べた通り、利用ハードルが低いのが良い点であると同時に、問題点として見ることもできます。

より利用者が増え、問題が浮き彫りになれば規制が入る流れは不可避となるでしょう。
今後の業界の動向からも目を離さず、常に最新の情報をお届けするよう心掛けていきます。